動脈硬化をおこし狭くなったた動脈の血管内エコーです。血液の中の悪玉コレステロールを減少させる効果がある「スタチン」製剤を服用しますと、コレステロールの沈着した部分(プラーク)の部分が退縮してゆき(赤い部分の内腔面積が広がり)血流が改善します。


通常の食事療法だけでは動脈硬化の進行をくい止めることはできません。スタチン服用例にくらべて血管の内腔はさらに狭くなって行き血の流れが悪くなるのがわかります。


戻る