茎のあるポリープの場合

太い茎を持ったポリープです

色素をふりかけポリープの詳細を観察し、切除範囲を決めます

あらかじめ茎にクリップをかけ、血流を遮断してから電気メスで切除します

切除後さらにクリップを追加し、術後出血を予防します


茎のないポリープの場合

首の太いポリープですね

色素と止血剤の入ったグリセリンを粘膜の下に注射しポリープを周囲から持ち上げます

電気メスでポリープを切除します

断面にクリップをかけ傷口を閉じます

網のバスケットにポリープを収納し回収します


早期大腸がん

粘膜の表面が若干崩れ、粗造化したポリープです


グリセリン液を注入、ポリープが周囲から持ち上がるのを確認します。切除可能と判断しました。

電気メスで切除します。

断面を型通りクリップで閉じ、修復します。

病理診断は粘膜内がんで、断端には腫瘍は見られず、全部取りきれていました。

最近の治療例から当院で切除可能な早期大腸がんに対する問題点をこちらに提示いたしました。
また電気メスを使わないコールドポリペクトミーをはじめました。こちらをごらんください

戻る